読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takkaaaan blog

多分色々書きます

イカロスの末裔

「ブログを更新しなくちゃ!」と寝る前に思い立ち書くことにした。最近はなんだか全ての興味や欲求を忙しさを言い訳にして後回しにしてしまっている気がして、「これじゃいかん!」と純粋な欲求に従ってみることにしたわけであります。タイトルは適当だ。キ…

夜中は大体何食っても美味い

深夜のカップラーメンってなんであんなに美味いんでしょうか。背徳感?それとも小腹が空いた事により味覚もいつもより感度が良くなっちゃってるんでしょうか。「うん…わたし普段はこんなんじゃ満足しないんだからね…」みたいな。「ほらほら、そんな事言って…

夏の終わり

森山直太朗 - 夏の終わり 名曲。 いよいよ夏が終わりを迎えてしまったようだ。夏の残り香のように感じていた残暑やセミの声も終わりを迎えていて、変わりに夜風の涼しさと虫の声が聞こえてくるようになってきた。そう。また一つの季節が終わったのだ。こうし…

一人の暮らしには慣れたけど

東京にやってきてもう半年が過ぎた。 思っている以上に楽しくやってるかなー。あんなに不安がっていた過去の自分に言ってあげたいのは「お前はもともと一人やったからそんなに生活は変わらないよ。」ということ。きびしー!変わったのは、お酒が美味しいと思…

ばれんたいんでい

いや、あやみちゃん。あのね、そんな目で見つめられてもね、そのパフェにはイチゴは一つしか入ってないんだよね。そりゃ確かに僕も驚いたよ?イチゴパフェを頼んだのに出てきたのがこれだもんね。これ、イチゴパフェじゃなくてフルーツパフェじゃんって。う…

2015/12/18

今思ったんですけど、アダルトビデオって少し画質悪いくらいの方がなんか良くないですか?(ビジネスホテルのVODのアダルト放送を見てるうめもとより)

「私の好きな音楽。」編集後記

ongakudaisukiclub.hateblo.jp 今回は音楽だいすきクラブでの特集についてのあとがきです。

藤岡みなみさんが可愛すぎんだろっていうただそれだけの話

うわー!いまワンピース縫ってたんだけど、ぼーっとしてたら腕だすところも縫っちゃって、いま歩くクッションカバー状態...! pic.twitter.com/40qhRR4mFk — 藤岡みなみ (@fujiokaminami) 2015, 10月 7 はい。どーもこんばんは。takkaaaan blogでございます…

2015/9/19

秋なのでブログも衣替えしてみましたー。良い感じ。

2015/8/19

あ、最近映画の感想書くとき「いやー、」が口癖のようになってることに気付いちゃった。あ、いやー、それだけなんですけどね。

M.Jからの手紙

Michael Jackson - Love Never Felt So Good (audio) - YouTube♪ジングルハーイ。僕の子どもたち元気にしてたかい、M.Jだよ。この間は初めて登場したというのに、うめもとくんのせいで僕の初登場記事がお蔵入りになってしまったんだよね。本当に勿体ない。彼…

2015/6/26

「マッドマックス 怒りのデスロード」をご覧になられましたか?観た人の殆どが絶賛、絶賛の嵐ばかりですごいですよね。僕はまだ観れてないのですが、早く観たいですよ「マッドマックス 怒りのデスロード」。タイトルの響きが良いですよね。ちょっとチープな…

2015/6/16

ここ最近怒涛の勢いでブログ更新していますが、安心してください。そのうち潰れます。(とにかく明るいうめもと)

cero「Summer Soul」と夢

さっき観た夢がとても良かったし、忘れたくないのでメモ。でも文字にしていく度記憶が変わっていきそうな感覚で変な感じだ。ちなみに普段から夢はよく見るけど起きたら殆ど覚えてない。変な感じ。夢の内容は、会ったこともないし顔もよく知らないけど潜在的…

2015/6/11 深夜

最近思ったのだけど、僕が思う「可愛い」という感情には性的なものが殆ど存在してないんじゃないかって気がしてきた。うん、つまり、つぼみさんとプラトニックなお付き合いが出来ることをずっと夢見てる。まぁ、そんなこと言いながら、つぼみさんのAV観て何…

グミの話

僕、グミが好きなんですよ。 で、ここ最近は「すっぱいポイフル」っていうグミを主に主食として暮らしているわけなんですけど。 明治 すっぱいポイフル 53g×6袋 出版社/メーカー: 明治 発売日: 2012/09/25 メディア: 食品&飲料 この商品を含むブログを見る …

2015/4/16(part 2)

最近は女子高生の制服からスーツ姿の女性にグッとくるようになった。少し成長した。

2015/4/16

不思議なもので、ある作品(ここではアバウトに作品と言っておく)に対し否定的な意見が飛び交っていたりすると、それに対しての興味が沸き、しまいには良いところを探そうとしている自分がいる。逆に大勢の人が大絶賛するようなものに対しては粗探しをして…