読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takkaaaan blog

多分色々書きます

Alabama Shakes『Sound & Color』

音楽

Sound & Color

Sound & Color


Alabama Shakes『Sound & Color』

★8/10

アラバマ・シェイクスのアルバムがすごくカッコいい。僕はこのバンドの存在を全然知らなくて、この『Sound & Color』が色んな各方面で絶賛されているのを見て、気になって聴いてみたんだけど、これは本当にすごいですね。これが全米一位を取ってしまうんだもん。タナソーも言ってたけど、アメリカのリスナーの懐の深さには尊敬するし、羨ましい。

『Sound & Color』を聴いていると、本来音楽を聴く上で必要な知識みたいなものさえ、あまり必要ないんじゃないかって思ってくる。頭で考えるよりも先に皮膚感覚で音楽の気持ちよさが伝わってくるんだよね。例えば「Don't Wanna Fight」という曲のボーカルの最初の《Uh~》のコーラスを聴いただけで「うひょー!カッコいいー!」てなる。このボーカルのブリタニー・ハワードがまた良い声で歌うんだよな。調べて女性だったということを知って驚いたのは僕だけじゃないはず。すごくソウルフルな歌声なんだ。間抜けな感想になってしまうが、『Sound & Color』ではそういった「うひょー」な格好良さが、全ての楽曲に存在している。それは先程上げたボーカルもそうだし、妙にカラッと乾いた(少し土の匂いもする)サウンドプロダクションもそうだし、テクニックとパッションが渾然一体となった演奏がたまに奇跡的な融合を果たしているからだろう。いやはや、ほんとマジで「なんじゃこりゃ」なアルバムだこりゃ。