読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takkaaaan blog

多分色々書きます

「クロニクル」

 

 

「クロニクル」

★6/10

問い:もし、超能力を持った人達がケンカを始めたらどうなるか?

答え:街がめちゃくちゃになる。

という訳で、ものすごーく当たり前な話なんですが、「クロニクル」は超能力を持った人達がケンカをする話です。そのケンカは空を飛んだり、衝撃派を出したりします。すごいですね。物語の発端はひ弱で根暗な主人公の男の子がある日突然自分(とその仲間)に能力が目覚めることを知ります。この主人公がとても危うい男の子で、自分の行動が現実にどう影響を及ぼすかを上手く想像できない子なんですよね。とても精神的に幼い。遊びと思ったことがトラブルを生み、また強大な力を持ったせいで傲慢な性格へと変貌していってしまう。結果、彼は暴走し物語は突然思いもよらぬ方向へとドライブしていくのですが…と、この作品、話自体にそこまで大きな特徴を持っているわけではありません。むしろ男の子なら誰でも思いつきそうな話や妄想をそのまま映画にしてみたという趣の作品でしょう。お話自体は凡庸で特別面白いとも思わなかったのですが、その凡庸な妄想をハンディカメラで収めたらどうなるのだろうか?という発想がなかなか面白い。一見チープにも見える映像に奥行きを与えていたように思います。ただ、実際に物語としての奥行きはゼロなのが残念。もうちょっとこう、上手いことやってくれれば「最高!」って気持ちになれたんだけどなあ、と少し惜しい作品でした。