読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takkaaaan blog

多分色々書きます

2016/2/29 深夜

突然だけど、人の日記を見るのが好きだ。ほんと突然だよなー。もうちょっと詳しく書くと、好きな文章を書いている人の日記を見るのが好きだ。お前の好きな文章ってなんなのよ?と人に聞かれるとそれはちょっと説明の難しいものではあるのだけれど、多分、文章のリズムであったりユーモアであったり温かみであったりする、なんかそういう人が見えてくる文章が好きだ。何気ない日常をちゃんと見てる人が好きなんだ。たぶん、どうやっても自分には気づけないからなのだと思う。僕の彼女もそういえば「よく気づく人」だ。例えば目的地があって、その場所に歩いて向かうとする。僕なんかは目的地に行くことにしか頭には考えがなくて、いやもしかするとそれすらもなくて、頭の中は好きな音楽のこととか今日の夜はセックスするんだろうかーとかそんなしょうもないことばっかで目の前の景色が何にも映っていないことがよくある。思い返すと色々ひどすぎる訳だが、そんなアホ面をしている僕の横で彼女はこの道には美味しそうなパン屋さんがあるんだってことを見つけたり、大きい一軒家を発見して興奮していたりする。普段僕が通りすぎてしまうところに立ち止まって面白いものを見つける。そういう時、僕は自分の浅はかさと空っぽさに心底嫌気がさしてしまう。と同時にすごく羨ましく思う。日記も一緒で普段自分が感じていても通り過ぎてしまうことをちゃんと文章に残している人が好きだ。俺にはできねーなって読むたび思う。だからとても羨ましい。

 

これ、俺も今日から日記を書こうと思って書き始めた記事なんだけど、結論が俺には日記が書けないになってしまった。なんだそりゃ。めんどくさくなってしまったのでもう寝る。今日はカラオケに行って、そんなに美味しくない寿司屋に行って、帰ってからウォシャウスキー兄弟の「バウンド」を見た。本当は昨日の夜中に見たのだけど、始まりから洋モノのAVみたいで嫌になって見るのをやめてしまっていたんだ。そんで今日もう一度続きを見てみた。中盤からはすごく良かった。普通の映画は作りたくないんだぜ!っていう監督の意識がビンビン感じられて良かった。でもオチが微妙すぎる。オチは大事。その後ラーメンズのTEXTを見る。好きすぎる。ラーメンズのコント全部見てる訳ではないのだけど、このTEXTを超えるものは多分ないだろうって確信してる。(多分そんなことはないとも思ってる)銀河鉄道の夜のような夜が好きだ。その後松屋に行ってデミグラスソースのチーズinハンバーグを食べた。熱すぎて唇の裏が火傷した。帰ってきてから山田孝之東京都北区赤羽の残りを全話見る。綾野剛との回は良かったけど、あぁ、俺はこういうモキュメンタリーって好きじゃないんだなーって見終わってから気づいた。遅すぎる。それから彼女と電話をする。メールの返事が遅かったので理由を聞くと友達と食事に出ていたそうで、「あら?その予定知らなかったわー」とちょっとだけムッとして言うと「昨日おもっきり話してたよー!」とのこと。自分の話の聞いてなさを疑う。マジで反省する。多分セックスのこととか考えたんだと思う。嘘です。ごめんなさい。