読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

takkaaaan blog

多分色々書きます

夏の終わり


森山直太朗 - 夏の終わり

 

名曲。

 

いよいよ夏が終わりを迎えてしまったようだ。夏の残り香のように感じていた残暑やセミの声も終わりを迎えていて、変わりに夜風の涼しさと虫の声が聞こえてくるようになってきた。そう。また一つの季節が終わったのだ。こうして僕もまた一つ歳をとっていくんだな。なーんて、これっぽちもセンチメンタルな気分には陥っていないのだけども。夏の終わりっていいですよね。夏の思い出に浸るもよし。秋は涼しくなるし、飯も美味いし、秋晴れの空は綺麗だ。東京はむこう一週間は雨ばかりなのですが。気が重ぇ~(笑)森山直太朗が言うように夏の終わりにはただあなたに会いたくなる気持ちも分からんでもない。いや、やっぱようわからん。いつだってあなたに会いたいよ僕は。

 

夏の思い出を振り返ってみようと思ったのだけど記憶がない。自分にびっくりだ。7月どうやって過ごしていたか全くわからないよ。先月は彼女のご両親に軽くご挨拶に行った事は覚えている。お父さんはずっとゴルフを見ていてあまり僕の事を見てくれなかった。(ひえ~)あとはあれだな。ご挨拶の前に髪を切りに行こうという事で1000円カットの理容室に行ったとき(というか1000円カットて)に、店員さんに「連れ添いで来てる方はお母さんですか?」と聞かれたのがめちゃくちゃ面白かった。「違います。彼女なんです」って言った時の店員さんの顔忘れらんないなー。「いやーお母さんにしては若すぎると思ったんですよねー」と言ってたけどもう遅い。その話を聞いた彼女は憤慨していた。「二度と行かない。風評被害を起こしたい気分。」「でも美魔女ですねって言ってたよー」「マジふざけんな。」「はい。」全然夏関係ねえな。

 

夏フェスこと乃木坂46のライブにも行った。名古屋小旅行珍道中のおまけつきだ。息も帰りもバス。バスだよバス!自分で提案したにも関わらずバスを選択したことは後悔したよ。行きはよかった。朝に乗ってべらべらと話しこんでいたら着いてくれたから。帰りが地獄だった。東名高速が事故による事故の度重なる事故で何十キロにも及ぶ渋滞だった。16時頃に名古屋を出て新宿に着いたのは深夜1時過ぎだった。笑えるよ。当然終電はないのでタクシーで帰る事になった。腰が痛くて仕方なかったよ。乃木坂46のライブは後方スタンド最後尾の立ち見だったので見たというよりは参加したという意味合いの方が強い。だけど最後に白石麻衣さんのご尊顔を拝見させて頂いたのでそれでもう十分なんだ。次は絶対にアリーナにしようと決めたけどな。「きっかけ」という曲はやっぱり名曲だ。遠くから見える乃木坂46はひたすらに美しかった。誰が誰か分かんなかったけどな。

 

夏フェスといえば、星野源オールナイトニッポン星野源しか出ない夏フェスinいつものラジオブースも聞いた。非常に素晴らしかったです。ラジオブースという閉鎖空間の中での演奏なのだけど、いつものゴージャスな演奏ではなく、こじんまりとした温かみのある演奏なのがすごく良かった。また来年もやってほしいよ。深夜なので「桜の森」くらいで爆睡しちゃったけれど。星野源オールナイトニッポンではジングルのコーナーと豚野郎のコーナーが特に好きです。みんなしのぎを削って投稿しているのが好き。星野源の最近女性からモテまくっている感じはいけすかなくもないけどラジオは面白いので許します。

 

AVのこと。10代の頃、大人になるってことが漠然としていて全くイメージが湧かなかった。それは今でもそうなんだけど、AVをレンタルだけじゃなく買って見るという行為は「俺、大人の階段上った!」と少し思った。超くだらないんだけど、大人になるというのはこういった事の積み重ねなのかもしれない。というのもDMMの素晴らしさにようやく気付いたのだ。やっぱりねパッケージとして持つというのはリスクが高いものがある。見た目的にもAVのパッケージが部屋にわんさか転がっているというのはなんだかアレじゃない?(笑)そう考えた時にDMMはなんて素晴らしいのでしょう。1クリックでゲッチュー出来ちゃうわけだ。ストリーミングサービスでもダウンロードでもどちらでもOKなわけよチミ。くそ便利。

 

戸田真琴さんが好き。もうほんと好き。

f:id:takkaaaan:20160916015725j:plain

清純。純潔。処女。アーメン。

いやあまりにも可愛すぎて意味不明になってしまったよ。彼女が処女なのかなんてどうだっていいんだ。このロリータコンプレックスな部分を全てくすぐってくる感じ。分かります?めっちゃ俺、今気持ち悪い事言ってるの分かります?うん、わかってくれたらいいんだ。戸田真琴さんは僕が拝見した限りでは行為に慣れないとい事すらも魅力的に映ってしまっている。瞬間的に見せるあどけない表情や恍惚とした表情を見たときに僕は彼女の変わっていく様を目撃しているのだと気づく。戸田真琴という女優は存在自体がドキュメントとなっているのだ。俺、今めっちゃ気持ち悪い事言ってるの分かります?